FC2ブログ

精力剤マニア・徳川家康

徳川家康は、遠江国(現・静岡県)の田中城に行った際、鯛のてんぷらを食べ過ぎて死んだとされている。
これは、実は間違いで、もともと持病があったのに、暴食して、死期が早まったというのが事実だ。
だが、鯛のてんぷらを食べて体調を崩したもの事実。
その際、家康は典医の勧める薬を口にせず、家康は頑固に自分の信じる薬を飲んだ。
医術の進んでいない当時にあっては、大同小異だったのかも知れないが、家康が典医の薬を飲んでいれば、もう少し寿命が延びたと言う人もいる。
この家康の好んで飲んだのが、私も以前に書いた八味地黄丸である。
八味地黄丸には、精力剤としての効果もある。
周囲も完全に平定されていない当時、家康はどんな気持ちでこの漢方薬を飲んでいたのだろうか。
世継は、戦乱の時代から江戸時代に移っても、必須であった。
将軍、大名も好色だけで、夜の営みを行っていた訳ではない。
一部では、必死の行いだったのだろう。
もっとも、家康はかなり好色だったと言う。
単なるスケベ心で漢方薬を飲んでいたのかも知れない。

↓↓ ブログランキングに参加しています。クリックに協力お願いいたします。 ↓↓

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> よく分からない
プロフィール

亀之助

Author:亀之助
精力や性欲が減少して来たアラフィフのブログ。
性春を取り戻せるか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
1
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR