FC2ブログ

お医者さんで処方してもらった漢方薬

お医者さんに行って、漢方で精力をアップしたいとの旨を伝えると、漢方薬の処方箋を書いてくれる。
まあ言い方もあるのだろうけれど、大概のところで大丈夫なのではないだろうか。
バイアグラなどの場合は保険が利かないが、漢方薬のいいところは、保険が利く点だ。
漢方薬だけに利くまでには時間が掛かる。
八味地黄丸は特にいい薬だと思うが、個人的な感覚では体感できるまでは3カ月くらい掛かった。
保険適用で三割負担だが、先生の門診料などを含めると、半額くらいとなって、月4000円程度。
なんだ、八味地黄丸だけだったら、一般で買うのとあまり変わらないようだ。

kanpou.jpg

↓↓ ブログランキングに参加しています。クリックに協力お願いいたします。 ↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[PR]

ホルモン注射・3

先日、一ヶ月振りくらいにホルモン注射を射ちにいったら、
「製造工場が火事になったので、当分は注射できません」
との先生のお言葉。
そして、
「あなたの場合、一ヶ月も射たなかったのだから、当分注射しなくても大丈夫でしょう」
との仰せ。
さらには、
「プラセンタ注射でもどうですか?」
と言われ、よく分からないプラセンタ注射を射つ羽目に。
プラセンタは疲労回復と、肝機能回復に効果があるとのことで、
「ま、いいか」
と安易な私。
六回までは射っていい、と言われたホルモン注射だが、とりあえずは二回にして終了。
これだけで判断するのは非常に危ういが、個人的な結論としては
「効果あり」
精力減退も、やはり医者というプロに相談することは、その行為自体がかなり効果的だ。
たとえば、若返りの成分として脚光を浴びるようになったレスベラトロール。
精力減退にも効果があるが、はっきりとした効果を出すためには一日300mg以上の摂取が必要。
今、日本で市販されている多くのレスベラトロールのサプリでは到底、摂取できる量ではない。
一日、一袋飲んでも足りない製品があるくらいだ。
この辺りの情報はやはりプロからでないと伝わりにくい。
保険が利かないから、高価になってしまうのも難点。
それでも、自分に合った処方、薬、サプリを見つけるのが、精力回復に限らず、肝心だと思った次第です。

↓↓ ブログランキングに参加しています。クリックに協力お願いいたします。 ↓↓

人気ブログランキングへ

ホルモン注射体験記

おしゃれ、決断力がある、言葉が短い、健康長寿、自信に満ち溢れている、道具に凝る、熟年離婚が少ない。

どんな人の特徴だと思いますか?

実は、これらの特徴は男性ホルモン値が高い人のものだと言う。
「ホルモン力が人生を変える」という著書で堀江重郎氏が述べている主張だ。

もちろん、男性ホルモンは精力にも影響を与える。
EDや朝立ちの消失は男性ホルモン減少の影響の可能性がある。
男性ホルモンが減少した場合のそのほかの症状としては、筋力低下、筋肉痛、発汗、頭痛、憂鬱な気持ち、苛立ち、肥満などが挙げられる。
いわゆる男性の更年期障害ともいえる症状だ。

この男性ホルモンは、10代後半に分泌量のピークを迎え、その後逓減していく。
ストレスは交感神経を刺激するが、その結果、副交感神経が劣位となる。
すると、男性ホルモンの分泌が減る。
逆にストレスホルモンであるコーチゾールが増え、ダブルパンチで男性ホルモンは減少してしまう。
現代の40代、50代は男性ホルモンが逓減してきたうえに、ストレスで虎の子の男性ホルモンを減らしているようだ。

この男性ホルモンを増やすためには、交感神経の緊張を和らげ、副交感神経優位の時間を持つことが大事だ。
オンとオフをうまく使い分けることだが、必ずしも家庭が安楽の場とは限らないし、毎夜、飲み歩くことも財布が許さない。

そこで男性ホルモンを注射するという医療的手段もある。
ただし、これには金が掛かる。
男性ホルモン注射は一部の人にはリスクがあるので、万人に行える訳ではない。
適性テストのために、20,000円くらいの金額が掛かる。
私の場合は、24,800円だった。
テストは血液採取による検査。
結果が出るのに、2週間くらいの時間を要する。
下の写真は、わたしの検査結果。
9.6という数値だが、50代としては特別低い訳ではないと言う。
8.5のところに赤く丸印が付いているのは、この数値が20代の最下限数値だからで、これ以下の数値だと、男性ホルモン注射がかなり有効であるとの説明だった。

9.6の数値は微妙で注射を打っても必ずしも効果が上がる訳ではないと説明を受けたが、ここはもちろん、打ってもらうことにした。

以下次回

test.jpg

↓ よろしかったら、クリックお願いします!

人気ブログランキングへ

亜鉛~ダイソーの100円サプリ

亜鉛はセックスミネラルとして有名だ。
精液は前立腺で作られるが、前立腺内の亜鉛が不足すると、精子数が減少し、セックスが弱くなる。
従って、亜鉛は精子の生成に役立ち、精力を高めるという仕組みだ。

亜鉛の効能としては、二日酔い防止、味覚を正常に保つ、傷口の治癒などが挙げられる。
亜鉛はまた活性酸素が細胞を酸化しようとするのを防ぐ。

身体に欠かせないミネラルだが、酒のみには不足しがちである。
アルコールを摂取すると、肝臓が分解するが、その際に大量の亜鉛が消費されるからだ。

亜鉛は価格も安く手ごろなミネラルだが、大量摂取には注意が必要である。
成人で1日40mgくらいが正常摂取量だと言われている。
亜鉛は銅とライバル関係にあり、過剰に摂取すると、銅が不足する。
すると、脳を興奮させるノルアレドナリンが不足し、無気力、倦怠、イライラなどの症状が起こるらしい。
脳が興奮しなくなったのでは、何のためにセックスミネラルを摂取しているか分からなくなる。
摂取しすぎには十分注意が必要だ。

また、亜鉛はビタミンCやクエン酸と同時に摂取すると、体内への吸収力が上がるようだ。

写真のサプリは何んと、ダイソーで購入した100円アプリ。
20日分で100円だし、これは安い。
国内産とあるし、当分はこれで試してみるとします。

(個人的な評価)

効果 ★★★
即効性★★
健康度★★★★
安全度★★★★
価格 ★★★★★

(ワンポイント)
過剰摂取に注意。

↓ よろしかったら、クリックお願いします!

人気ブログランキングへ



DHC 亜鉛 60日分

新品価格
¥400から
(2014/2/17 17:43時点)




ディアナチュラ亜鉛(60日)

新品価格
¥400から
(2014/2/17 17:45時点)


すっぽんサプリメント

地元のドラッグストアにはあまり置いていなかったが、繁華街の店舗に行くと、なんとも毒々しい(派手な?)パッケージの精力剤が並んでいた。
買う人の目的が目的だけに、このようなパッケージのほうがいいのかも知れないが、さすがにその場では買う気にならず、得意のアマゾンで検索。
目についたのが「すっぽん」だった。
すっぽんを粉末にして売っている専門店もあるくらいだから、きっといいに違いない。
何種類もあるが、私は下記の井藤漢方製薬のすっぽんパワー状を購入。
値段も安すぎず、高すぎず、真ん中くらいだ。
何回か飲んでみるつもりなので、定期購入を申し込む。
メーカーの説明によると、

スッポン末・・・600mg
乾燥ローヤルゼリー・・・50mg(生ローヤルゼリー210mg分に相当)
アルギニン・・・50mg

とある。別のところには、アルギニンは100mgと書いてあり、何となくこの手の商品にありがちな、いかがわしさはあるものの、他の人のコメントをみても高評価なので、購入した。

すっぽんはサプリメントというよりも食品に近いのだろうから、即効性はないと思うのだが、コメントを見ると、「12時間くらいで効いてくる」とか「一晩おくと翌日は痛いほど効果があった」と言う人もいる。
個人的には即効性は感じなかった。もう少し試してみたいと思う。


(あくまでも個人的と言うことでの評価)
効果 ★★★☆
即効性★★☆
健康度★★★
安全度★★★★☆
価格 ★★★★

*★20点、☆10点、百点満点。
*健康度とは、精力以外の健康によさそうかどうか、ということ。

↓ よろしかったら、クリックお願いします!

人気ブログランキングへ

井藤漢方製薬 すっぽんパワー球 120粒(1粒重量620mg・1粒内容量420mg)

新品価格
¥2,009から
(2014/2/17 17:47時点)





プロフィール

亀之助

Author:亀之助
精力や性欲が減少して来たアラフィフのブログ。
性春を取り戻せるか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
1
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR