FC2ブログ

ホルモン・2

ホルモン注射はお尻に打つと思っている人もいるかも知れないが、私の場合は腕に打った。
それほど痛くない。
むしろ打った後の鈍い痛みが持続する。
だが怖がるほどの痛みではない。
注入量は125cc。
テストステロン値がかなり低い場合は劇的な効果がある場合もあるが、私の場合は中途半端な数値なので、効果があるかどうかは打ってみないと分からないとの先生の話。
ホルモン値は注射後、3日から1週間でピークを迎えると言う。
1週間しても体感できるほどの効果は感じられない。
そりゃそうだと思う。
注射1本で10代だか20代のときのような、女性をみればすぐにむらむらして堪らなかった時代に戻ってしまっても困る。
2週間して、もう一回施術。
今回は1週間くらいして、かなり体感した気がする。
気分はかなりむらむらする。
精力の衰えは、体力的な原因と、気力的な原因が絡み合っているが、気力的には充実。
シニアの精力アップにはサプリメントや食べ物による、どちらかというと体力アップ的なものがクローズアップされる傾向があるが、むしろ気力アップのほうが大事なように思う。
もちろん、ホルモン注射には体質改善効果もあるが、気力の充実に対する影響が大きい。
逆に男性ホルモン値を大きく下げるのは過度のストレスだと言う。
あるいは、喫煙や飲み過ぎ、運動不足もかなり悪いらしい。
多くのシニアにとって現代は男性ホルモン値を下げる環境が整っている。
これも繰り返しになるが、精力アップが健康回復に繋がるように、男性ホルモン値の回復は体調の回復に繋がる。
費用面や手間からすると万人向けではないが、個人的には行ってよかったと思っている。
まだ3回、4回と注射を打つ予定なので、今後の体調にも非常に興味が湧くところだ。

↓↓ ブログランキングに参加しています。クリックに協力お願いいたします。 ↓↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[PR]

不甲斐なきORE

今日は日ごろの鍛錬の成果を確認するために、池袋のソープランドに行った。
久しく行ったことがなかったのだが、大衆店だったため総額15,500円で済んだ。
泡嬢は抜群に若いわけでもなく、抜群にきれいな訳でもなかったが、むしろそのほうがよかった。
プロとしてのサービス精神がものすごく、至れり尽くせりだったのだが、逆にそのサービスに醒めてしまった自分がいたのも事実。
69を経て、息子が元気になったところで、騎乗位から挿入。
これが一番楽だからだ。
このあと、座位を経て、正常位に移行しようと思ったのだが、もともと騎乗位が好きなこともあり、ほんの数分で発射寸前。
こらえて座位に持ち込んだところで、あえなくも、息子は元気喪失。
そこはプロの口技で元気にしてもらい、再び騎乗位でイン。
しかし、もはやこうなると完遂しか頭になく、数分でゴール。
考えてみると、すごく興奮したという瞬間がなかったのが敗因かも知れない。
精力増強にはサプリやフィジカルなトレーニングも必要だが、視覚や聴覚も駆使して、どうやって興奮を維持していくかが、ポイントのように思う。

↓ よろしかったら、クリックお願いします!

人気ブログランキングへ
プロフィール

亀之助

Author:亀之助
精力や性欲が減少して来たアラフィフのブログ。
性春を取り戻せるか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
1
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR